フコダイン アンケート 河下水希・桃栗みかんファンサイト OVER DRIVE まったりブログ - 3月7日
 

河下水希・桃栗みかんファンサイト OVER DRIVE まったりブログ

河下水希とかそんな感じのことを、えぇ感じに書いていきたいなあ
 
 
プロフィール

mizukistyle

Author:mizukistyle
河下水希・桃栗みかんファンサイト
OVER DRIVEのブログです。
最新情報や、更新履歴などをご案内いたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング
まったりしたらポチっとお願いします
覗くといいよ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月7日 

えぇ、そうですとも。



今日も今日とて言わせていただきたい。













ちーちゃん!!!









もうね、ちーちゃんこと千倉名央が素敵すぎです。



今週も表紙からしてたまりません。



どうしてこんなにセーターが似合うんでしょう。なだらかな膨らみと思われるかもしれませんが、いいんです。

ステータスですから。







さて、第22話「ほころんで、いろづいて」について語ってみましょう。



名央との約束を守るために、部活に参加することになった連城。案の定アノ容姿で、あの絵を描いた人物ということで、部員達から質問攻め&指導請いに。



女子生徒からの質問に「海外に行くことになってるんだけど」と答えるのですが、キャーキャー騒ぐ女子生徒の後方で、会話を大人しく聞いてる名央。



きっと賑やかな輪の中に自分から入って行くことができないんでしょうね。



表情からすると、連城との二人だけの時間がなくなってしまって寂しい&ちょっと嫉妬みたいな感じ?





そんな名央が行動にでます。

























「もし よければこのあと残って もう少し絵の指導もらえませんか?

 わ・・・わがまま言ってすみません でも・・・・」













どんどんわがままを言っていいんだよ!!!





こんなもじもじされて、しかもドキドキまでトッピングされたら首がもげるほどに縦に振ってしまいますよ。







いつもは人のことを一番に考える優しい名央。



でも、今回だけは違います。



先輩との時間が何よりも大切なんです。一緒に過ごしたいんです。





















そんな思いですらかわいらしい!いとおしい!!!





そしてそして・・・





『ずっと 先輩の横に私がいられますように・・・・・」

















初恋決定!!!!!!







いいですか?皆さん。



「ずっと」ですよ?「ずっと」!!!





色んな意味で悶えながらキーボードを打ってる自分がおります。









帰り際、「あとは一人でも描けるよね」と連城に言われてしまいます。



この瞬間、きっと名央は身体全体に冷たいものが駆け抜けていったでしょうね。



期末で部活が休みだしという連城に、名央が・・・いや、ちーちゃんが頑張ります。



乙女だしまくります。





















仕事よりも 私は ちーちゃんが出てる初恋を読んで悶える時間の方がずっと大事です。











二人だけの時間が、テスト勉強期間中の放課後に訪れます。



これはちーちゃんにとっては間違いなく至福の時。



付き合いたいとかそういうのではなく、ただ純粋に一緒にいたいという気持ちなんでしょうね。



そんなちーちゃんにだからこそ、連城は自分の絵に対する想い、海外へ行くことの意味を真剣に語ります。



一瞬ですが、大人版真中かと思われる程に大人っぽい姿。







「生涯を通していろんな国の子供達と絵を描くのが僕の夢なんだ」





この『生涯』という言葉がちーちゃんの耳に、脳裏に残ります。



=日本にはもう戻って来ないのかも・・・

=連城とはもう会えなくなるという不安と寂しさ





ちーちゃんが涙を流した理由はきっとこうだろうなと思います。



連城の意思に感動したのもあるのでしょうが、女の子ですからね。













帰宅中、ため息をついたところでアホ(=曽我部)登場。



連城のことを探り入れて聞いてみれば、ちーちゃんのかわいいお口から出てくる言葉は



先輩に対する尊敬の言葉ばかり。



曽我部、結構感が鋭いんでしょうね。ちーちゃんの表情で全てを察した様子でした。



そしてちーちゃんの悲しい言葉。





「多分もう 日本には帰ってこないのかもしれない



 いろんな国をまわることが 先輩の夢だから・・・」





そして俯くちーちゃんに言葉をかけることができない曽我部。



「僕に 何が言えるっていうんだ」



曽我部、わかってます。



でもこんなシーンでもちーちゃんはいつもの優しさ全開です。





「ごめんね、ずっと自転車に乗らないで 一緒に歩いてくれて・・・」







曽我部のさりげない優しさに気づいていたばかりか、



去り際にきちんとお礼をいう所が素晴らしい!












その後も絵を描き続ける二人。



絵が完成するまでは「明日」がある。



「明日」があれば、先輩とまた会える。





結局、連城の卒業式の日も、午後に絵を描く二人。





「明日から最後に残った桜の花の部分を塗れば完成!もう少しですね 先輩」



ちーちゃんの言葉に、急に真顔になる連城。



これって、先週の表紙の伏線ですよね。



あの時、確か未完成の絵を描いていたちーちゃんは



桜の花びらを・・・・・・



二人で最後に仕上げる予定だった花の部分を一人で塗っていたんですね。











悲しいじゃねえかこのやろう!!!

























こんな時にまで、自分の気持ちを抑えて先輩を応援するなんて



なんて優しいんだ千倉名央














そして、ちーちゃんのその優しさを素直に受け止め、自然と身体が動きます。































もうね、色んな事がアタマを駆け巡って言葉が出てきません。







ちーちゃんと別れた後、連城は美術室へと向かうわけですが、そこで何をするのか?



またまた来週が楽しみですが、いちごの時にあった「次回が楽しみだ!」という気持ちに



久々になっています。









これ、最終回あたりでまた登場してくれないかな?真中と西野みたいな感じで。



高校卒業したちーちゃんの所へ、



連城が「やぁ・・・あの絵、まだ俺の描く所 残ってる?」



とか何とか言って現れた日にゃ



ちーちゃん満面の笑みで涙流して答えてくれますよ。







あぁ~楽しみだ~楽しみだ~~。





スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://mizukistyle.blog90.fc2.com/tb.php/37-461c746f
リンク
お薦めリンク
私のお気に入り作家さんの公式サイト関係です
河下水希・桃栗みかん作品
検索フォーム
ブログ内を、気になるワードで検索できますよっと
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。